2013-6.5
ちょうど1年前の、今日のコーちゃんの写真。
この写真を撮った時、1年後にはもうコーちゃんがこの世にいない、なんて、全く想像していなかったし、
そんなことを思わせないほど、彼女は元気だったし、しっかりもしていた。


犬が生きている時間の流れは、私たち人間が思っているよりも、ずっとずっと、ずっとずーっと、想像もできないくらいに、はやい。
そんなこと、知識として知ってはいても、知っていたからといって、受け入れることは、難しい…

本当に本当に、はやくて、とってもはやくて…
コーちゃんが生き抜くそのスピードに、私は、最後の最後まで、向き合って、寄り添って、包んであげることが、できなかった。

馬鹿野郎だ。

Comments are closed.